相続に関する資金計画は、みなさん全員に必要です。相続対策=相続税の軽減と考える方が多いと思いますが、 相続には税金以外の問題のほうが、むしろ多いのです。『うちは相続するほどの資産がないから』『うちは兄弟仲がいいから』と皆さんおっしゃいますが、子どもたちが家庭を持ち、お互いに配偶者がいて、それぞれ生活があるとなると『相続』が『争族』になってしまうケースが少なくありません。子どもたちが争うのは嫌ですよね。無用なトラブルを避けるためにも、事前対策をとっておくことは、どのご家庭にも必要だと思います。


相続対策について
対策準備って何?
人の死は、免れることがない。
生まれてからカウントダウンが始まっているそう考えたら、自分に関わってきた人たちに感謝を述べる間もなく終わりを迎える方が多いと思います。
生命保険はラストラブレターとも言います。
 何のために生命保険を掛けていくのでしょうか。
自分が居なくては、生活が出来ない家族が居たら遺された人に生きるチャンスを与えてくれる商品でしょう。
自分が誰かに迷惑を掛けないといけない状態の身体だったら、必要な資金を準備してくれる商品でしょう。
土地不動産の相続で税金が払えなかったら
生命保険には、沢山の優遇措置が有ります。
相続は負の財産も正の財産も生まれます。
真剣に自分にあった相続対策を一緒に考えてみませんか。
家族信託について
 自分の財産をどのように守っていくべきか?
遺言書って簡単にかけるのかな?
遺言書って実際確実に実行されるのかな?
こんな時『家族信託』は有効になります。相続人以外の方に遺贈したい方、財産管理が面倒な方、残したい相手が障害をお持ちの方、気になる方お問合せ下さい。
生命保険信託について
 保険金受取の財産管理が不安、浪費や金銭トラブルが心配な方、お子様の財産管理の不安を減らしてあげたい方。
 保険金受取人に万が一あった場合、保険金の残額の行き先を指定したい方。

後見人制度
 自分が認知症になった場合、保険手続きの不安な方。
手軽にご相談ください。皆様にとって安心できるアドバイスをさせて頂きます。
後見人制度について
 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、認知症などで判断能力が十分ではない方を法律的に支援・援助するための制度で、法定後見と任意後見のふたつがあり、任意の契約で依頼された方か本人の親族が後見人として選出されるケースがあります。
 ただ、成年後見制度は内容が複雑であり、トラブルが予想される場合もありますので、その場合は司法書士や弁護士といった専門家が成年後見人等に選任される場合もあります。
 成年後見制度で成年後見人をの申し立て手続き(成年後見制度)を活用することで、もし被相続人が認知症や知的障害、精神障害などによって冷静な物事の判断がつかなくなった場合、被相続人の死後もスムーズな遺産分配を行うことができます。